旅するように自然と暮らそう。サスティナブルな毎日へ.

サスティナブルな次世代のスーパー『ニューシーズンズ』ポートランドで愛される10の秘密。

ポートランドを代表するスーパーといえば、『ニューシーズンズ(newseasons)』地元の人にとっても愛されているスーパーで、スローガン自体も『The Friendiest store in town (街の中で一番フレンドリーなお店)』と掲げるくらい地元超密着型のスーパーなのです。このお店が近くにできるとそこの土地の値段が上がると言われているくらい根強いローカルなファンが多いんです。
根強いファンが多い人気の理由は?今注目されている秘密は?
『ニューシーズンズ(newseasons)』の人気の訳は、地元密着型というローカルな取り組みの他に、『人にも地球にも優しい』サスティナブルな取り組みにも積極的に力を入れていることにあります。 ポートランドの人たちが、『地球環境の問題』にとても関心があるということも言えますが、買い物をしていると、スーツ姿のノートを持った団体さんがいて、海外から偵察にきたのかな?(日本からきている人たちも多く見ました)という人も見かけることが多くなりました。そこで、実はあまり知られていない『ニューシーズンズ』の隠された楽しい取り組みをご紹介していこうと思います。
1.『小さな買い物客さん』の為の無料の果物たち
[小さな買い物客、子供ためにも小さなトラックに入れられた無料の果物たち] ニューシーズンズのすぐ入り口には、『for little shopper(小さい買い物客へ)』と書かれた紙の下には、可愛いトラックに詰め込まれた果物がいっぱい。子供でも『スーパーに来たら、自分で考えて商品を選べる。』という小さい頃からでも自分で考えて商品を選ぶ。小さな体験できるようなお店づくりがされていて、そんな小さな子供の姿を後がみて、とっても微笑ましい気持ちなります。
2.『お豆』で選べて、募金ができる面白い仕組み
[レジの隣に並べられた白いお豆box] エコバックを持って買い物すると、レジの隣にある『お豆BOX』から一つお豆をもらえます。 [レジのすぐ近くにある募金コーナー。瓶がありそこにお豆を入れて募金ができるます] そのもらった『お豆』を持って、レジ出口の横の募金コーナーで、自分の募金したい取り組みの所の瓶に入れて募金をすることができます。エコバックを持って買い物することによって、そのレジ袋をチャージするはずだった『浮いたお金』で募金しようという仕組み。募金の内容的には、『Hunger(飢餓)』『Environment(環境)』『Education(教育)』があって、それぞれ募金できるように、使われる細かい取り組みについて書いてあります。
3.『過剰包装をしない』むき出しのままの野菜と果物たち
むき出しに並べられた野菜や果物たち。 所せましと並ぶ、地元で取れたオーガニックな野菜や果物は、そのまま全てむき出しのまま。『過剰包装をしない。』『無駄になるプラスチックのゴミを最小限にする。』というお店の強い意識が見えます。 [パッケージングされた果物もビニール袋ではなく、紙袋に入れらていました] エコ意識の高いポートランドの人たちは、買うときも『いかにプラスチック製品を使ってないか。』ということを頭に入れ買い物もします。そういった理由も含めて、ニューシーズンズのレジ袋などは、ほとんど『紙袋』になっています。
4.『切れ端のチーズ』も安く売って廃棄を最小限に
チーズ売り場にある、量り売りで残った『チーズのはし切れ』も売られています。とってもお手頃な値段で買うことができます。お店の『もったいない!売っちゃおう!』精神が素敵ですね。
5.地元密着の『小さなお店』応援!手作りお惣菜がたくさん
『ローカルフレンドリー(地元密着)』を掲げるニューシーズンズでは、地元産の野菜や果物が買えるだけではなく、ポートランド産のデイリーな製品(お惣菜)なども買うことができますよ。 [近くのお店で人気の『プリン』などもいっぱい売られています。]
6.『環境に優しい商品』の多さ
ニューシーズンは、エコ商品がたくさん売られています。以前記事で紹介した、何度も使えるエコなサランラップ『BEE WRAP』も買うことができます。たくさんのエコ商品があるので自分に合ったものを選べるのが嬉しいですね。 [環境に優しい洗って繰り返し使えるストロー]
7.なんでも試食『本当に美味しいもの』を買ってもらいたい気持ち
友達のバースデーケーキを買うためにずっと迷っていたら、定員さんがきてくれて『お店のものは、なんでもなんだって試食できるんだよ。だから試食したい時いつでも言ってね!』と優しい言葉をかけてくれました。『え?いいの?』って聞き直したら、『もちろんさ!本当に美味しいものを買ってほしいからね。』と言ってくれました。 [いつでも日替わりでコーヒーが味見できるコーナー] そのとき、ホールのケーキを味見させてくれ。という勇気がなかったのですが(笑)その言葉がとっても安心して買い物できる気がして嬉しかったです。
8.とっても『フレンドリー』で個性豊かで楽しそうに働く定員さん
ニューシーズンズは、お店のスタップの人がとても仲良しで、個性豊かな人たちが多く、いつ言っても声をかけてくれて、とってもフレンドリーで何も買わない予定でもついつい足が向いてしまいます。 [動画:とってもお茶目な試食コーナーのお店の定員さん]
9.買い物した後の開放されたリラックス空間『スーパーの屋上』
ニューシーズンズのスーパーの屋上は解放された空間で、買い物ついでに立ち寄れる憩いの場。 子供達が遊べる遊具もあったり、気軽にお酒が飲めるバーもあって、お子さん連れのパパやママも子供達と遊べたり、買い物に来た人たちが、談笑しあえる場所あって、とっても開放されていて気持ちいいんです。夏には、一面に広がった青空の中で屋上からポートランドの街を見渡せるし、冬には暖炉がついてロマンチックもなります。屋上からみる景色は、とっても気持ちよくて、お気に入りの空間です。
10.地球と人のことを考えた仕組みづくりが支持される
最近でも、去年、米スターバックスが『ストロー廃止』を掲げたり、フランスでは世界初となる『プラスチック製使い捨て容器の廃止』法律のニュースが大きく駆け巡りました。その他にも、企業が続々と環境問題の取り組みのニュースを見かけるようになりました。また、企業もそうですが、買う側の消費者自体の『環境問題』への意識も重要視され始めてきていているな。とポートランドにいてそう感じることが多いです。 そんな中でこのポートランドの『ニューシーズンズ』のお店は、次世代の人と地球が持続可能な世界へと考えていく『サスティナブル』を代表するスーパーマーケットとして、広まっていってくれたら嬉しいなと密かに願っています。^^
こちらの記事も人気!関連記事
この記事に関するキーワード
アイテムから記事を探す
ANNIEの最新情報をチェックしよう!

エコで持続可能な『コインランドリーなカフェ&バー』in ポートランドに行ってきた。

変わり種の味が沢山♡ ポートランドのスパイス&ティーの専門店『The Spice & Tea Exchange』に行ってきた。

ハワイ島ローカルの自然食品が買えるオーガニックスーパー『Island Naturals』に行ってきた。-前編-

ハワイ島ヒロにある『ヴィーガン』カフェに行ってきた♡ウルのPOKE(ポケ)

ヴィーガンの卵とベーコン!? 次世代カフェ『地球と人に優しい』人気のお店に行ってきた。

pickleFly
pickleFly
jeneannie
jeneannie
caro
caro
yuki
yuki