旅するように自然と暮らそう。サスティナブルな毎日へ.

ハワイ島のゴミの出し方は?『リサイクル&家庭ゴミ&生ゴミ』処理の仕方。

分類タグ :
2019/06/20

こんにちは!ハワイ島のゴミの出し方は知っていますか?実はアメリカ本土と違って、ハワイ島でのゴミの仕方は、ちょっと変わっているので、ご紹介します。

『生ゴミ』はコンポストBOXを使って土に戻して肥料に戻そう。

家庭で出た生ゴミは、庭に設置された『コンポスト』に入れて、土に戻します。その土は、庭のパパイヤやバナナの木などの肥料にもなり、まさにオーガニックな循環型の生活。^^

ハワイ島ではゴミ箱をあまり見かけない。

ハワイ島の街には、あまりゴミ箱を見かけない代わりに、よくココナッツの殻の入ったゴミ箱を見かけます。

ゴミ収集車は来ない。自分で捨てに行こう。

ハワイ島では、公共のゴミ収集サービスがなく、ゴミ収集車が各家を回って収集に来ないため(注意:ゴミ収集を依頼するには個人での契約になるそうです。有料)自分たちでゴミ捨て場に行って捨てる必要があります。しかも、ヒロのゴミ捨て場は、絶対車で行かないといけないような街から離れたジャングル沿いにありました。汗。。

リサイクルの分別は、プラスチック、ビン、缶は分けよう。

ヒロのゴミ捨て場には、リサイクルの分別ができる大きなバケツがあり、アルミ缶、プラスチック、ビンと別けて入れます。ビンやアルミ缶などは、リサイクルするとお金が戻ってきます!

ハワイ島では自然を守るために色々工夫がされています。

ハワイ島では、スーパーなどに行くと、プラスチックの袋の代わりに紙袋が主流だったり、レジには、海を守るための募金があったり、プラスチックの代わりに竹のストローを見かけたり、エコな活動がされているのを目にしました。しかし、まだまだ本土に比べると、エコのための設備の面では困難が多いそう。私たちができることから、少しずつエコな循環型の生活にシフトできるようにしていきたいですね。

こちらの記事も人気!関連記事
この記事に関するキーワード
アイテムから記事を探す
ANNIEの最新情報をチェックしよう!

ポートランドのクラフトなガラクタ屋さん『SCRAP(スクラップ) PDX』に行ってきた!

カモミールの種を摘んでみよう♡夏が来る前に枯れちゃう前に。

冬を越せる生命力の強い『植えっぱなしハーブ3種類』で節約できる♡いろんな料理にも!

アメリカ田舎『タイニーハウス(移動式)』で住む女性の暮らし方。-ハワイ島のオフグリットなお家-

自然に優しいエコなアメリカ『布ナプキン』を使ってみよう!- 炭成分配合-

pickleFly
pickleFly
jeneannie
jeneannie
caro
caro
yuki
yuki